RECOMMEND
PROFILE
LINKS
              
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

              
↑ネットで契約なら8%割引↑
アメリカンホーム ・ダイレクト

スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
pagetop
人力発電の可能性
健康 / nao10
というわけで、人生30数年目にして初めて
ダイエットというものを真剣に考えつつある。

学生時代は今より遥かに不摂生な生活をしていたはずだが
全く体重は増えなかった。増えなさ過ぎて困っていたくらいだ。
それが一体どうしたことなのか。

30代という年齢を実感せざるを得ない。
このまま放置しておくわけにもいかないだろう。

ただ、はっきり言って僕は合理的というか、
さらに正確に言えばケチな人間なので、
ダイエットのためにフィットネスクラブとかに通う
なんてことは考えられない。
何でわざわざ金払って疲れに行かにゃならんの?
てなもんだ。

そんな時間と体力があるなら、
むしろ逆にそれを金に換算できないのかと考える。

夜中にテレビを付けていると、デップリ太った外人さんが
必死こいて怪しげな器械を踏んだり回したりしている。
見るからにものすごいエネルギー消費量だ。
あんなエネルギーをただいたずらに発散させるのはもったいない。

ああいう器械に自転車のダイナモを取り付けて
人力発電機として利用することは出来ないのだろうか。
今や売電なんていう制度もあるし、
実用化できればダイエットしながらお金も入る、
エネルギー問題も一気解決!
こいつは凄い。バカ売れ間違いなしだ。

そうは問屋が卸さない。

人力発電なんていうキーワードで検索してみると、
理系の学生さんが様々な実験をしていることが分かる。
それによると、一番効率のいい人力発電は
やはり想像通り自転車を使うのだが、
それでも1日必死でこいだとして
発電量はせいぜい1日50円
人力発電はロスが大きく、消費エネルギーの1.5%しか
電力に換算できないという。
その割に設備投資に金がかかる。
こりゃ実用化されないわけだ。

これなら、肉体労働のバイトでもしてる方がはるかに効率がいい。
問題は、
好きな時間に好きなだけ体を動かせばいい、疲れたらやめる、
などという都合のいいバイトが存在しないことだ。

話は暗礁に乗り上げた…わけでもない。
いいモノを発見した(すでに発売から1年以上経過していたが)。

その名も「AERO assistant」。いわゆる電動自転車と言うやつだ。
そう言えば、以前にマンガ「こち亀」で見た記憶があった。

今まで電動自転車と言うと、
プチお金持ちなオバサマがよく乗ってるようなのを想像していた。
ところがこれはそこらの電動自転車とは少々違う。

発進時や上り坂はモーターがアシストしてくれるところは同じだが、
平地や下り坂では回生ブレーキが効いて充電をする。
ん? どっかで聞いたことがある言葉だ。

完璧にアルハイ君の自転車バージョンではないか!
まさに我が家にピッタリだ。
こういうのを探していたんだ(・∀・)

今まで聞いたことがある電動自転車は、使わないときは
コンセントに挿してモーターを充電すると言うものだった。

これは違う。使わないときは、
フィットネスバイクのように使って充電することだって可能。

つまり、夜中にパパが頑張って充電し、
昼間に奥様が楽ちんお買い物で使用♪
などという使い方が出来る。

素晴らしい。家庭も円満だ。
奥様が昼間のご近所走りに車を使わなくなって
燃費大幅向上も期待大。

問題はその大きさと値段だ。

マンション住まいのため、
自転車をそのまんまエレベーターに乗せて持ち込む
ということは困難だ。
やってやれないことはないが、
白い目で見られること間違いなし。
せめて折り畳み型が欲しい。

さらに調べてみたところ、折り畳み式も近日発売予定
とあるではないか。
これは(・∀・)イイ!! 出たらぜひ欲しい。
| comments(0) | trackbacks(0) |
pagetop
また年輪が刻まれた
健康 / nao10
この年齢になってくると、おめでたくも何ともなくなってきますな。

30数年生きてきて、初めての出来事は、
自分の誕生日が国民の祝日になっていたということかな。

まあ僕の場合カレンダー上の祝日は関係ないわけだが。

昔、というか20代のころイメージしてた30代というと、
分かりやすい例では「島耕作」ってのがいたわけだが、
課長か、まあ係長くらいにはなっていて、
部下もいてある程度責任も出てきてまあ大変
って感じだったのだが、
実際にこの年代になってみると、
何ら変化なし(^^ゞ
こんなにお気楽でいいのだろうか。

とは言え、ここ数年急速に変化しつつあるのは、
急激に脂肪が付き始めているということ。。。
こういうところで現実に年代を実感せざるを得ない。
軽くやばい。いや、相当やばい。

最近のトレーニングで、脳細胞は若返ってきたらしいので、
次は体型も20代に戻さなければ!
| comments(0) | trackbacks(0) |
pagetop
豪雨被害
健康 / nao10
アメリカのカトリーナも大変だが
日本の豪雨もなかなかのものだった。

一昨日4日の深夜。
終電で帰れることになったのはいいが、
そりゃもう凄い雨。
道路が川のようになっている。
駅まで徒歩3〜4分というところだが
見事に全身ずぶ濡れ。

その当時、都内でも1時間に100世箸い豪雨で
浸水被害もあったようだ。

そこから地下鉄に揺られて約1時間で我が家。
着くころにはすっかり乾いていたが
体も冷え切った。

沸かしてもらったお風呂に入って生き返った気になり、
すぐ寝とけばいいものを、
すっかりいい気分になって
ブログ初心者らしく、早速更新したり
設定いじりまくったりしていた。

これがいけなかったんだろう。

目覚めると体全体がだるい。
まあこれくらいはよくあること。
時間が不規則な僕は、睡眠時間が
午前3時〜11時くらいが標準。
ただ、明け方近くまで起きていることや、
昼過ぎまで寝ていることも珍しくない。
4時間くらいで起きてしまうことや
12時間以上ぶっ続けで寝てしまうこともある。

12時間寝てしまうと、体全体がバッキバキになるのだ。

ただ、この時は5時間くらいで電話の音で目が覚めた。
普段は奥様が電話を取ってくれるのでそれくらいでは起きないが
朝から外出していたらしい。

だるいなぁ〜と思いつつ、まあよくあることだろう
なんて考えて、フトンに入ったまま懲りずにブログをいじっていた。

それから数時間。
出勤時間が近付いて、そろそろ活動開始〜
と思ったのだが、立ち上がるとクラクラする。
ちょっと尋常じゃない。
ここでようやく熱を測ると38度近い。
そりゃクラクラするわな。
これで僕も豪雨の被害者となった。
単なる不摂生とも言うが。。。

休むわけにはいかんので、
薬局でバファリン20錠598円也を購入して出勤。
行きの地下鉄の中で流し込んだ。

いや〜効きますな!
会社に着く頃はまだクラクラしていたが
しばらく経つと汗がいっぱい出てきて
だいぶ楽になった。
反省としては、替えのシャツを持って行けばなおよかったなと。
| comments(0) | trackbacks(0) |
pagetop
| 1/1 |

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--