RECOMMEND
PROFILE
LINKS
              
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

              
↑ネットで契約なら8%割引↑
アメリカンホーム ・ダイレクト

スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
pagetop
セピア色の日々
徒然 / nao10
唐突ではあるが、学生時代の思い出話を。

もはや10年以上昔の、
20世紀末と呼ばれていた時代の話になるが、
その頃、とあるサークルに入っていた。

その名を舞踏研究部と言う。

と書いても恐らくほとんどの人が何のことやら分からないと思う。
僕自身、正体をよく知らずに入部したのだから。

字面だけ見ると、日本舞踊に何か関係あるの? てな感じだ。
実際に、よく「舞踊研究部」という誤植をされることが多かった。

全く関係がない。

じゃあ何なのかというと、
現在では説明が簡単になったが、
ウッチャンナンチャンのやってる“競技ダンス”であった。

彼らがTVでやるようになって(公式サイトによると96年スタート)
さらには映画「Shall we ダンス?」なんてのまで公開(これも96年)され、
一般の認知度もかなり上がったと思うのだが、
10年以上前は、そんなのハタチ前の若者は誰も知らない時代だった。

なので、いちいち説明するのも面倒で
「オールラウンドな楽しいサークルだよん」などという
いい加減な説明がまかり通っていた。

なぜこんな怪しいところに入部したのかと言うと、
ブームの先取りだとか、先見の明とかではもちろんない

大学1年当時、体育の授業が必修で、
それも月曜の1限目
という悲惨極まりない時間割が組まれていたのだが、
このサークルに入ってると、授業に出なくても単位もらえちゃうよ♪
などと、新歓コンパの席で先輩に言われたのが決め手となった。

まあ、理系でオタク全開な大学なのに、
何故か綺麗な女性の先輩が多かった
というのも強い魅力ではあった。

そんなひどい入部動機であるので、真面目な活動なんかしない。
いつもみんなで部室でゲーム、飽きたら雀荘に移動、
さらには場外馬券売り場へレッツゴー。
こんな日々をすごしていた。

ただ、忘れちゃならないのは「体育の授業免除」というのは、
つまり、大学から公式に
「公認の体育会系の部活である」と認められているのであった。

よってもって、試合というものがあったのだが、
こんな状態なので、勝てるわけがない。
僕が在籍時のこの部の大会成績というものは、
ほとんど団体成績40校中30何位、なんてのが当たり前だった。

しかし、そもそも理系単科大学であるのだから、
他の真面目に?やってる部活も、成績はまあ似たようなもの。
「東都13部リーグ(3部ではなく13部)5位」とかが普通なので、
うちの部活もどうにか存続を許されていたようなものだった(謎

なぜ突然思い出したのかと言うと、、、

ブログって本当に便利というかすごいというか。
ひょんなことから、その部の近況を知った。

信じがたいことに「団体成績全国3位」という結果とともに。

(゚Д゚)ハァ?

なんかの間違いじゃないの?

間違いなく3位らしい。

全国3位って、つまり、優勝と準優勝があって
その次ってことだよね?

まあ僕らの時代も「全国大会」というものに出場だけは可能だったのだが、
確か「50何位」とかだったと記憶する。

ちなみに、全出場校が、確か60校くらいだった。
要するに、限りなく全国最下位クラス。

なーんていう状況だった10数年前の人間としては、
率直に言って信じがたい。

例えて言えば、地区大会で1回戦負けだったチームが
甲子園に出場します!級な驚き。

恐らく、僕らがいなくなったあと、
傾き切ったあの部活を立て直した
多くの人がいたのでしょう。

というわけで、恐らくそんな偉大な人の1人なのだろうと思われる
現在ではプロのダンサーさん(すげぇ)のブログにトラバ♪

なんかね、超久々にステップ踏んでみたくなったりして(爆
| comments(0) | trackbacks(0) |
pagetop
<< スパ・ラクーア | main | 記録的豪雪にアルハイ君は…!? >>
スポンサーサイト
- / スポンサードリンク
| - | - |
pagetop









url: http://nao10.jugem.jp/trackback/36

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--