RECOMMEND
PROFILE
LINKS
              
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

              
↑ネットで契約なら8%割引↑
アメリカンホーム ・ダイレクト

スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
pagetop
初滑り
ETC / nao10
毎週水曜リフト2000円になるという激安スキー場を発見。
今年初滑りはここだ。

朝5時に一睡もせず出発。我ながらバカ。

出発時に軽く睡魔が襲うが、
寝てしまったら間違いなく昼過ぎまで目覚めない自信があったので
構わず出発する。

まるでスキーのためではないかというETC割引制度があるので
往路はフル活用。

外環道 250円 早朝夜間割引
関越大泉→駒寄PA 1450円 同上
駒寄PA→湯沢  1200円 通勤割引

スキーに行くのに通勤割引?という違和感もあるが、
時間帯と割引条件(100キロ以内)さえ合っていれば
自動的に適用される。何ら問題ない。

上記のポイントは、駒寄PAで、
一度ETC専用出口を出て、すぐ入り直すこと。
駒寄PA到着時間が6時〜9時になるのが必要条件。
これで、大泉→湯沢の通常料金4600円が、合計2650円となる。

なんと、これで1日リフト券代が捻出出来てしまうのであった(^^)v

駒寄PAはちょうど休憩ポイントとしても最適。
これでトイレの便座が暖かいやつなら最高なのだが。

このころ空が明るくなりはじめ、
対向車には、雪化粧をした車が目立ちはじめる。

缶コーヒーを買って一服し、いざ銀世界へ出発だ。

月夜野あたりから雪が舞い始め、
水上あたりでもう真っ白な世界。

トンネルを越え、ついに来た新潟県。

湯沢は去年も何度か来たが、
今年の雪の壁はやはり全く違う。
分厚すぎて、車線がほとんど1車線分しか確保出来ていない。

ちょうど8時半にスキー場着。
ボーダーがいないので快適だ。

しかし、あまりにも雪が多すぎて
リフト半分は止まっていて、ゲレンデも半分閉鎖。

初心者コースを閉鎖して
無理矢理上級コースに誘導するのは勘弁してほしかった。
到着して即一番長いリフトに乗ってしまい
死ぬかと思った…。

スキー場併設の温泉があるのだが
15時まで清掃で使用不可とのこと。

昼過ぎにはもうヘトヘトで上がってしまったので、
温泉街の立ち寄り湯へ向かうことにした。

途中ほとんど除雪されてない場所を通ったが
なんだか異常にスリップ警告灯が光る気がする。
去年まではそんなことなかったんだが…。

もしかしてタイヤが原因かなあ。
ちょうど2年前購入なので一応今回が3シーズン目。
ただ、購入時点ですでに型落ちのモデルだったので、
製造はその1年前だった可能性が高い。

来シーズンまで使う気満々でいたのだが
無理かもしれない…(>_<)
| comments(0) | trackbacks(0) |
pagetop
<< 2006年 | main | 2週連続湯沢 >>
スポンサーサイト
- / スポンサードリンク
| - | - |
pagetop









url: http://nao10.jugem.jp/trackback/40

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--